更年期障害の改善をローヤルゼリーで

更年期障害とは、閉経前後の更年期において日常生活に支障を来たす重い症状のことを差します。更年期障害はのぼせ、汗、寒気、イライラ、抑うつ気分など多岐に渡ります。更年期障害の改善が期待できる健康食品のひとつに、ローヤルゼリーが挙げられます。ここではローヤルゼリーに含まれる、更年期障害の改善が期待できる栄養素をご紹介します。

更年期障害とは

更年期障害とは、更年期において生じるさまざまな症状の中で他の病気を伴わず、日常生活に支障を来たすほど症状が重いものを差します。更年期障害は閉経前後の5年間に現れ、一般的には45~55歳の女性に多いと言われています。しかし閉経年齢には個人差があり、40代前半から更年期障害が現れる人もいます。更年期障害の原因は閉経に伴う卵胞ホルモン(エストロゲン)の低下です。更年期障害の症状は大きく分けて、自律神経失調症状・精神症状・その他の症状の3つに分類されます。自律神経失調症状とは、のぼせ、汗、寒気、冷え性、動悸、息苦しさ、疲れやすさ、頭痛、肩こり、めまいといった症状です。精神症状とはイライラや怒りっぽいなどの情緒不安定、抑うつ気分といった症状です。その他の症状は、腰痛や関節痛、嘔気や食欲不振、皮膚の乾燥感やかゆみ、尿が近いといった症状です。更年期障害の症状は多岐に渡りますが、これらは他の病気が原因ではないことが条件になります。更年期障害の対処法は、身体を動かす、気分転換をする、睡眠を十分にとる、漢方薬を使う、病院で診察を受けることなどが挙げられます。また更年期障害の改善が期待できるローヤルゼリーを摂ることも、対処法のひとつとして効果的です。

ローヤルゼリーに含まれる更年期障害に役立つ栄養素

ローヤルゼリーに含まれる、更年期障害に役立つ栄養素は以下の通りです。

デセン酸

ローヤルゼリーに含まれるデセン酸は脂肪酸の一種で、ローヤルゼリーのみに含まれている特有成分です。デセン酸は女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをします。更年期障害は卵巣の機能が低下してエストロゲン の分泌量が低下したことが原因で起きる症状です。そのためローヤルゼリーからデセン酸を摂ることで、更年期障害の改善が期待できます。またデセン酸はエストロゲンに似た働きだけではなく、自律神経を整える働きもします。更年期障害の症状は、自律神経のバランスが崩れることによる精神症状も挙げられます。ローヤルゼリーからデセン酸を摂ることで、女性ホルモンの調整、自律神経を整えて更年期障害を改善することが期待できます。

アセチルコリン

ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンは、神経伝達物質のひとつです。アセチルコリンは副交感神経を刺激することで、気持ちを落ち着かせる働きをします。更年期障害の症状のひとつに、自律神経が乱れることによるイライラや抑うつ気分といった精神症状があります。ローヤルゼリーからアセチルコリンを摂る事で、気持ちを落ち着かせて更年期障害の症状を改善する効果が期待できます。

まとめ

更年期障害とは一般的に閉経前後5年間の更年期において、一般生活に支障を来たすほどの重い症状で、他の病気が原因ではないものを差します。健康食品のひとつであるローヤルゼリーには、更年期障害の改善が期待できるデセン酸やアセチルコリンが含まれています。更年期障害を改善する手段として、ローヤルゼリーを活用してみてはいかがでしょうか。

出典
女性に効くローヤルゼリー
https://www.vaccineawareness.org/information/IllinoisActionAlertSB1529-HB3809.htm
更年期障害にも効果があるローヤルゼリー
http://www.k747.com/konenkisyougai.html
更年期の方に
http://idahof35.com/kounen.html
更年期の女性必見!ローヤルゼリーの効果
http://www.eien-movie.jp/kounennki.html