ローヤルゼリーの疲労回復効果

健康食品のひとつであるローヤルゼリーは、様々な健康効果が期待できる食品で多くの人に親しまれています。ローヤルゼリーを摂ることで期待できる健康効果のひとつに、疲労回復効果があります。疲労には身体的疲労と、精神的疲労の2種類があります。ここではローヤルゼリーを摂ることで、どのような疲労回復効果が期待できるかご紹介します。

疲労は2種類ある

疲労には肩こりや頭痛といった身体的疲労と、イライラややる気が出ないといった精神的疲労の2種類があります。身体的疲労と精神的疲労は全く違うものと考える人がいるかもしれませんが、どちらも活性酸素によって傷つけられた細胞がダメージを受けている状態です。活性酸素は過度の身体活動やストレスが原因で、体内で大量発生します。活性酸素が大量に発生すると酸化ストレス状態になり、細胞の機能が低下してしまいます。その結果エネルギー産生効率が低下し、疲労感を感じるようになります。身体的疲労は筋肉、精神的疲労は脳神経細胞が酸化ストレスを受けている状態です。身体的疲労や精神的疲労が起きると細胞から脳へ危険信号が送られ、疲労感を感じるようになります。疲労感は細胞が「身体を休めるように」とシグナルを出しているのです。1988年に厚生労働省が行った調査によると、日本人の3人に1人以上が半年以上も慢性的な疲れを抱えていることが分かっています。身体的疲労、精神的疲労から上手く回復することは、健康的な生活を送るために重要です。

ローヤルゼリーに含まれる疲労回復に役立つ栄養素

ローヤルゼリーは、身体的疲労・精神的疲労の両方を回復させることが期待できる健康食品です。ローヤルゼリーに含まれている栄養素の中で、疲労回復効果に役立つ栄養素は以下の通りです。

アスパラギン酸

ローヤルゼリーには、疲労回復物質であるアスパラギン酸が豊富に含まれています。アスパラギン酸はアミノ酸の一種で、アスパラガスから発見された栄養素です。アスパラギン酸は体内でカリウムとマグネシウムの吸収をサポートし、ビタミンB群の働きを活性化させる働きがあります。ビタミンB群は体内でエネルギー産生を促し、疲労物質である乳酸の分解を促す働きをします。ローヤルゼリーからアスパラギン酸を摂ることでビタミンB群の働きを活性化させ、疲労回復効果を期待することができるのです。またローヤルゼリーにはアスパラギン酸以外にも、カリウムやマグネシウム、ビタミンB1・B2・B5・B7・葉酸といった、疲労回復のために必要な栄養素が含まれています。ローヤルゼリーは疲労回復効果を効率的に得るのに適した健康食品だと言えます。

アセチルコリン

ローヤルゼリーに含まれているアセチルコリンは、精神的疲労から回復するのに役立つ栄養素です。アセチルコリンは神経伝達物質のひとつで、自律神経の働きを整える働きがあります。精神的疲労が重なると自律神経が乱れ、自律神経失調症や神経性胃炎などの原因になります。ローヤルゼリーからアセチルコリンを摂って自律神経を整えることで、精神的疲労から回復することが期待できます。そして自律神経失調症といった、精神的疲労が原因で生じる病気の予防をすることが期待できます。

タウリン

ローヤルゼリーに含まれるタウリンは、体内の内臓や細胞の働きを正常に保つ働きをします。タウリンが体内に充分量あれば筋肉がスムーズに動くため、疲労回復効果が期待できます。タウリンはミネラルやビタミンB群と同時に摂取することで、相乗効果を得ることができます。ローヤルゼリーにはタウリンだけではなく、ミネラルやビタミンB群が含まれています。そのためローヤルゼリーは単体で高い疲労回復効果が期待できる健康食品だと言えます。

アルギニン

ローヤルゼリーに含まれているアルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進させる働きをします。成長ホルモンは骨や筋肉の成長だけではなく、疲労感の解消ややる気を増加させる働きをします。成長ホルモンの分泌は10代をピークに、加齢に伴って減少していきます。ローヤルゼリーからアルギニンを摂ることで、成長ホルモンの分泌を促し疲労回復効果が期待できます。

まとめ

疲労には身体的疲労と精神的疲労の2種類があり、日本人の3分の1以上が慢性的な疲労を抱えているのが問題になっています。ローヤルゼリーにはアスパラギン酸、アセチルコリン、タウリン、アルギニンといった疲労回復効果が期待できる栄養素が豊富に含まれています。身体も心も健康であり続けるために、ローヤルゼリーを活用してみてはいかがでしょうか。